未公開物件って知ってる?

不動産の情報サイトで、「未公開」物件という言葉を見かけたことはありませんか?
「未公開」というのは公開されていない物件のことですが、実は、ひとことで未公開といっても、いくつか種類があるんです。

①売主様のご事情のため未公開
②売主様のご希望のため未公開
③公開する直前のため未公開

それぞれについて見ていきたいと思います。

①売主様のご事情のため未公開

これは、売主様が不動産のご売却を近隣や取引先の方々に知られたくないと考える場合が多いです。
不動産業者は売主様から不動案売却のご依頼を受けますと、売主様との間で媒介契約(専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約のいずれか)を締結します。契約の種類によって(専属専任媒介契約および専任媒介契約)、不動産業者が利用する指定流通機構(いわゆるレインズ)へ物件の登録が必要になりますが、一般媒介契約の場合には、レインズの登録義務はありません。

②売主様のご希望のため未公開

これは、例えば新築分譲住宅で土地の仕入れ情報を提供してくれた不動産業者に対して、優先的に販売を依頼する場合や、一定期間は不動産の販売を付き合いのある販売会社に限定している場合などが該当します。

③公開する直前のため未公開

これは、公開する前の希少なタイミングです。物件情報をポータルサイトなどに掲載すれば、だれもがその情報を見る事ができます。
その前に物件情報をもらえれば、優先的に物件の検討をする事ができるので、メリットがあります。


このほかにも、公開したくてもできない場合もあります。
例えば共有者の一人は売却を希望しているが、他の共有者と話がまとまっていない場合などの「正式に売却依頼を受けれない」「売却できる状態になっていない」物件などは、公開したくてもできません。

ちなみに、こうした「未公開」物件の中には掘り出し物があることもあります。
そうした情報に興味がある方はぜひ「会員登録」してみてくださいね!

2018年07月20日(金)

会員ログイン

※パスワードを忘れた方はこちら