再建築不可物件って?

再建築不可ってどういう事?

今日は通常あまり耳にしない再建築不可物件についてお話したいと思います。

 

みな‐トクが取り組んでいる「空き家問題」解決にもリンクするお話になりますので、本記事と合わせてみなートク空き家コンテンツを読んでもらえると嬉しいです。

 

まず、建物を建築するためには建築基準法というルールがあるので、説明します。

建築基準法では、基本的に建築基準法でいう道路(法第42条、第43条参照)に2m以上接道していないと建物が建てられません。

これを接道義務と言いますが、接道義務を果たしていない土地には建物を建築する事ができません。

しかし、すでに建物が建築されているけど、現状接道義務を果たしていない土地が存在します。それがいわゆる再建築不可物件です。

 

要するに

・建物を建築するには接道義務が必要

・すでに建物が建ってるけど、接道義務を果たしていない

・再建築ができない

・建て替えができない

 

これが再建築不可物件の正体なんです。

建て替えができないことは致命的ですが、活用方法によっては使い道があります。

買主さんの目線での再建築ができない事のメリット・デメリットを紹介します。

 

メリット

・買い入れ金額が安い。

・固定資産税が安い。

・リノベーションは自由にできるので、貸すことができる。

 

デメリット

・現金でないと買えない。(ローンが組めない)

・火災があると大変。

・資産価値が低い。

 

以上となります。

再建築不可物件は接道が2ⅿ以下なので車の侵入ができないケースがほとんどで、もちろん建て替えができないので、売却価格が通常の不動産に比べてだいぶ安いです。

中には駅から近かったり、周りの環境が良かったりするすると賃貸需要があったりします。

そこで、おススメするのがインスペクションとリノベーションです。

 

インスペクションって何?と思われる方がほとんどだと思いますが、一言でいうと「住宅版車検」です。

住宅も整備点検を行い、点検・検査に基づく基礎・構造・設備・外壁の補修を行うことで建物の状態を良くすることができます。またこの時に必要に応じてシロアリ工事や耐震補強工事も行います。

インスペクション×リノベーションを行うことで、建物の状態が良くなり、デザインも良くなると、おしゃれ収益物件として生まれ変わります。

 

すでに再建築不可物件方、再建築不可物件を購入したい方は、まずはリノベーションの専門家に相談しても良いのではないかと思います。

 

また、みなートクの「リノベ物件特集」にも再建築不可物件の掲載も行っていきたいと思っていますので、楽しみにして下さいね。

2018年10月26日(金)