インスペクションは○○だ!

健康維持のための人間ドック、自動車の安全管理のための車検
じゃあ、おうちは??って思ったことはありませんか。それが住宅インスペクションです。

住宅インスペクションとは、住宅の設計や施工に精通した専門家が第三者の立場で建物の状況を調査し、欠陥の有無や住宅の不具合、補修すべき箇所を診断するものです。建物状況調査、 耐震診断、かし保証検査、雨漏り調査といった目的に応じた調査があります。建物の基礎、外壁など建物の構造耐力上主要な部分・雨水の侵入を防止する部分に生じているひび割れ、 雨漏り等の劣化・不具合の状況を調査します。

2018年4月より法律が改正され、売主様や買主様に建物状況調査の制度説明や希望に応じた検査事業者の斡旋、重要事項説明における説明などが不動産会社に義務付けられています。
中古住宅の流通が活発な欧米では必ずと言ってよいほど、インスペクションが実施されており、日本も少しずつそれに近づいています。

客観的な目で建物の診断を実施することで、安心して物件を購入したり売却したりする事ができます。インスペクションは今後の日本で不動産を売買しようとする方々にとって重要なキーワードとなることでしょう。

2018年07月20日(金)