不動産の落とし穴、瑕疵担保責任って何(売主編)?

不動産取引に瑕疵担保責任って言葉あるの知っていますか?

今日は知らなきゃ損する、瑕疵担保責任についてお話ししたいと思います。

 

・まずは読み方

「瑕疵担保責任」⇒「かしたんぽせきにん」と読みます。

「瑕疵」って?⇒きず・欠陥・過失 ⇒⇒⇒不動産においては雨漏り・シロアリ被害等

 

・瑕疵担保責任ってどんなときに発生するの?

「不動産の取引において、万が一その不動産に隠れた瑕疵が見つかったら原則として売主は瑕疵担保責任を負わなければいけません。」

簡単に言うと⇒不動産に欠陥があったら、売った人が責任を持ちます。って事です。

 

・売主の責任って?⇒売主さんが欠陥を補修するか、場合によっては損害を賠償する事です。

・隠れた瑕疵って?⇒これは売主が知らなかった若しくは知ってても買主に知らせてなかった欠陥のこと。

 

・いつまで責任を負うの?

民法上は⇒買主が隠れた瑕疵を知ってから1年以内

これだと、ほぼ永久なので売主さんはいつまでも安心できませんよね。

そこで、個人間の売買の場合は売主が瑕疵担保責任を負う期間は2~3か月が多いです。

でも、売主が不動産会社の場合は、結構厳しくて不動産屋のルール(宅地建物取引業法)で瑕疵担保責任を負う期間は2年以上と決まっているんですね。

何か、瑕疵担保責任だけを読むと売主さんは心配になりますよね。

そもそも瑕疵担保責任は「知らなかった欠陥」なので、心配であれば事前に「隠れた瑕疵」が無いかを確認しておけば安心です。

でもどうやって確認すればよいかわらないですよね。

そこで最近では「既存住宅売買瑕疵保険」といって、保険商品も出ていて検査機関が物件の検査をしてくれるから、有償だけど安心です。

不動産会社が売主の場合も同様の保険があるので、不動産会社から不動産を購入する場合には、保険に入っているを聞いてみると良いですね。

 

今回は瑕疵担保責任の簡単な説明を売主さん側をメインにしましたが、次回は買主さん目線で瑕疵担保責任を説明したいと思います。

 

2018年11月02日(金)